野球少年少女の夢を壊さす野球肩・野球肘

医療

野球大好きな少年少女たちはどれだけいるだろうか。今はいろんなスポーツをする子が多くなってきましたが、野球は昔から人気だったことから野球特有の疾患として、野球肩・野球肘という病気があります。


野球によって起こるスポーツ障害は大きく分けて2種類あります。プレー中に起こるスポーツ外傷繰り返す動作で起こるスポーツ障害です。野球肩・野球肘は疲労やプレーの蓄積によって起こるものです。

これらの病気になると治療に長期の時間が必要になります。そのため、練習ができない、うまくなれない、ストレスになるなど疾患以外のところにも問題がでてきます。問題が起きないように予防するためには病気について勉強するのが一番です。

今回は将来の大谷翔平、柳田悠岐、山本由伸などの有名選手ような選手がまた出てくるように小さいころから体のことを大切にするためにいってみましょう!!

野球肩

野球のプレーによって生じる肩関節の構造的障害全般をいいます。よく野球漫画で、「肩を壊して投げれなくなった」などといったエピソードのほとんどのものが野球肩障害です。MAJORの茂野吾郎も多分これです。

野球肩障害は広い意味での名前があり、次の疾患が含まれます。
リトルリーガーズショルダー SLAP損傷 腱板不全損傷 ベネット損傷
これらは一度なると痛みで投げられなくなるものばかりです。今回は野球肩の代表であるリトルリーガーズショルダーについて取り上げます。

リトルリーガーズショルダー

骨端線閉鎖前の10歳代前半の子供が過度な投球を繰り返すことで起こる上腕骨疲労骨折のことを言います。下半身が硬い子どもが、崩れたフォームで投げ続けることで起こりやすいです。

成長期にある子どもの骨は柔軟性があり、ある程度の強さがありますが、骨端線だけは力学的に極めて弱いところとなります。特に捻じれる力に弱く、投球によって上腕骨にねじれの力が繰り返し加わることで、骨端線の骨折が生じやすくなるわけです。

治療

基本的には予後のよい疾患があり、保存療法が有効になります。まずは投球禁止として、運動器リハが治療の中心となります。1~2か月以上かけて下半身や体幹の硬い部位の柔軟体操、投球フォームの改善を行います。その後に少しずつ投球動作を再開していき、2~3か月での復帰を目指します。

野球肩

野球肘も基本的には野球肩と同じく、投げ過ぎによって起こります。肘の障害部位によって大きく3つに分けられます。

  • 上腕骨小頭離断性骨軟骨炎(外側型)
  • 内側側副靭帯損傷(内側型)
  • 肘頭疲労骨折(後方型)

基本的に、投球時の肘関節には遠心力がかかり、外側に傾く力(外反力)が加わります。悪い投球フォームで投げた場合、この外反力が大きくなり、肘関節の外側が圧迫され、内側は引き伸ばされます。この結果として、外側は関節面が損傷し、内側は靭帯が伸ばされて損傷します。

外側型野球肘

患者さんは投球時の肘外側痛や可動域制限を訴えて来院します。エコーが診断に非常に有効です。治療しないまま投げさせると、関節面は将来大きく変形し、大きな肘関節の機能障害が残ることとなります。
治療はまず投球禁止です。期間は3か月以上として、その間に原因となった硬い関節の柔軟体操を行います。X線検査で関節面が治癒過程であることを確認しつつ、復帰の許可がでます。この保存療法で症状が改善しない場合のみ手術を行います。

内側型野球肘

外側型と同じく、投球時の肘内側痛が生じます。治療も外側型とほとんど同じ方針になりますが、投球禁止は1か月以内を目安としてリハビリを行います。

なぜ障害が起こるのか

なぜ、野球肩・野球肘障害が起こるのか。投球動作は下肢⇒体幹⇒肩というように、下から上に効率よく力を伝えて最後にボールを放します。途中で動きが硬い箇所があると、上半身に力がうまく伝わらなくなり、無理にスピードを出そうと最後に肩や肘に負担がかかるわけです。

このため、野球肩・野球肘の治療では下半身や体幹の硬い関節を柔らかくするリハビリが一番大切となります。大谷翔平選手の関節の柔らかさは凄すぎますが。

まとめ

極論を言うと、柔軟と準備運動が大切ということですね。症状がなくても定期的にスポーツ整形に強い整形外科に定期診察して、早期発見や体のメンテナンスをすることはありだと思います。子どもたちは野球をたくさんしたいと思いますが、長く野球を楽しめるようにしていくことも大人の役割です。

野球は楽しいです(観戦専門ですが)。しかし、その裏では怪我と隣り合わせでプレー中のアクシデントは仕方がないと考えられますが、障害は予防できるものです。予防できるものは予防して間違いはない。いろんなことに言えます。
今回はここまで。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました