子ども・小児・幼児が急に腕を動かさなくなった!!その名は肘内障!!

医療

お母さん、お父さん方へ、子供が急に腕を動かさなくなって、泣き出してしまうことがあります。これはある条件が揃ったときに起こりやすい疾患です。その名も肘内障です。文字のごとく、肘の内部の障害ということです。意味不明です。

まぁ、なにかあったら整形外科に連れて行ったら安心です。
それでは肘内障についていってみましょう。

肘内障とは

肘内障は5歳以下の小児に多くみられます。手を引っ張られたり、捻られたりした後に腕を痛がり、動かさなくなります。両親が「脱臼した」「腕を動かさない」「肘が抜けた」などと訴えて受診することが多いです。しかし、脱臼や骨折ではありません。

難しい言葉でいうと、橈骨頭を取り巻く輪状靭帯が、手を引っ張られることによって広がった腕橈関節内に挟まることが原因と考えられます。

治療は

身体所見や画像所見で骨折がないことを確認できれば、麻酔かけずに徒手整復を行います。注射のほうが痛いからです。方法としては、橈骨頭を母指で抑さえ、前腕を回外しながら肘関節を屈曲することによって、多くの場合は「コクッ」とクリック音とともに整復されます。手技が難しいので難しい言葉で説明させていただきました。

整復後には痛みが伴うことがあり、子供が泣き出すこともしばしばあります。整復されれば入院の必要性は全くありません。肘内障なら基本その日に治ると考えてもいいです。

看護師さんへ

医師によって肘内障が整復されると、多くの患児は一時的に痛がりますが、しばらくすると元通りに患肢を使うようになります。そのため整復後はすふに帰宅させず、5~10分待ち、患肢で物を持つことが可能か、バンザイができるかを確認します。いつまでも手を使おうとせずに不機嫌なら、画像検査では確認できない骨折があったり、整復が不十分であることがあるので、正直に医師に報告しましょう。

患児の両親へは再発する可能性があるため、子供の手を急に引っ張ったり、捻ったりしないように指導をしましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました