【看護師向け】怪我の処置は応急処置のRICEが大切!※ご飯のRICEではないぞ!

健康・医療

スポーツに関わっている人ってご飯が好きなはず!
これは私の偏見なんですが。

今回のテーマはライス!
ご飯のライスではなく
怪我したときの処置の方法RICE

これを知って、行動できたら選手寿命を延びる、または延ばせる可能性が高まります。

RICEってのなんぞや?と思うかもしれませんが、
基礎から説明をさせていただきます!

ちなみにRICE処置は応急処置なので治療ではないです。
処置が終わったら整形外科に受診をしてください!!

RICE処置とは

RICE処置とは
スポーツ時や転倒の際に肉離れや打撲、捻挫、骨折など外傷を受けたときの基本的な応急処置方法です。

Rest(安静)Icing(冷却)Compression(圧迫)Elevation(挙上)の4つの処置の頭文字からRICE処置と名付けられました。

早期にRICE処置を行うことで、内出血や腫れ、痛みを抑え、回復を助ける効果があります。

目の前の人が転倒したり、スポーツのときに怪我した場合に処置ができればヒーローになれる!!

その方法を今から学びましょう!!
※RICEだからと言って、ごはんの作り方ではないです。

Rest

ケガをしたら、まずは安静に保つことが大切
安静とは、必ずしも横にして寝かせるとは限りません。
むやみに動かすと悪化してしまう可能性があるんです!!

腕を骨折しているのに安静と言って、寝かせて起きるときが大変になるじゃないですか。
そうゆうことです。

安静の目的患部の安静を保ち症状の悪化防止というものです。

方法としては、安静と言ったら患部の固定が一番しやすいかな。

安静の注意点としては
安静を忠実にずっと守ること
必要以上に安静を続けてしまうと周囲の筋力が落ちたり、患部が関節だと拘縮することがあります。

拘縮が起きると競技復帰したときに怪我する前と同じ動きができず、パフォーマンスが上がらず、また別の場所を怪我してしまうこともあります。

治すために安静にしていて、逆効果に働くこともあります。

急性期を過ぎたら、軽い負荷を与えることも重要になるところが安静の難しいところ。

Icing

アイシング、患部をキンキンに冷やす

アイシングの主な目的は2つ
血管を収縮させること 痛みを軽減させること

患部を冷やすことで血管が収縮し、患部の代謝レベルを下がります。
結果、血中の酸素や栄養の供給量を抑えます。
結果、出血による腫れや患部周辺の正常な細胞の破壊を最小限に留められます。
結果、治癒へ早くつながります。

結果の使い方変だと思いますよね。私もです。

患部を冷やすことで神経を冷やすということにもなります。
結果、痛みを感じる「感覚神経」が麻痺を起こします。
結果、痛みを感じにくくさせるという効果が期待できます。

整形外科の術後は患部をよく冷やします。
脳に痛みの信号を送る感覚神経を麻痺させる「痛みの軽減」は術後や骨折といった非常に強い痛みの時に特に効果的なんです。

方法としては
ビニール袋やアイスバッグに氷を入れて、患部を冷却します。15~20分ほど冷やしたら(患部の感覚が無くなるくらい)はずし、また痛みが出てきたら冷やします。
ビニール袋の場合は中の空気を口で吸うか、ビニール袋を捻り、できるだけ氷が空気に触れないようにしてください。

正直、最初はめっちゃ冷たいです!
しかし、我慢した先にアイシングの効果が現れます!!

ちなみに
冷却シップとか使う人がいますが、効果ないです。ちょっと冷たいだけじゃいけないんです。
キンキンに冷やさないといけない!!

Compression

圧迫!腫れさせない方法!

効果
腫れや内出血を最小限に抑える

方法としては
患部を中心に腫れがないところまでを、テーピングや包帯などで圧迫します。

注意点はふと思いつくかも知れないが
きつく圧迫しすぎること!
きつい締め付けによる圧迫は循環障害を引き起こす可能性があり、しびれや変色が生じたらすぐに緩めてください。

圧迫に関してはこのくらい。
圧迫は大切だけど、きつくしたらダメ!

Elevation

怪我をした患部を上に上げるという処置がElevation(挙上)

患部を心臓より高い位置に保つことが重要!

効果としては
心臓よりも高い位置に置くことによって血液が心臓に戻りやすくなる
血液や組織液は大きな筋の方が吸収されやすいため、四肢末端に血液が貯まらないようにする

どういうことかというと
内出血による腫れを早くとることが目的になります。
手や足よりも体の中心には近い筋の方に太くて大きな筋肉がたくさんあるので、そこで内出血によって出た血液を吸収される。
この方法で腫れを減らしたいから体の中心、すなわち心臓に向かって血液を戻していくということになるのです。

方法は簡単!
患部の下に座布団やクッション、たたんだ毛布などを敷いて、心臓より高くするだけ。

最後にRICE処置後の大切なこと

応急処置のRICE処置は、ケガの予後を左右します。
だけど、あくまでも応急処置であって治療ではないです!
処置後はすみやかに医療機関を受診するように行く、処置した側の人は勧めてしてください

大切なことは2回言います!

必ず!!!看護師さんとのお約束(笑)

ランキングに参加しています!バナーをポチってして頂けると、泣いて喜びます!!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました