狭窄症?ヘルニア?坐骨神経痛?

医療

さぁここで問題!狭窄症・ヘルニア・坐骨神経痛に共通するのは腰の痛みです。えっ、問題はなんなの?ここはスルーしてください。

それでは今回のテーマは腰の痛みでよく聞くやつの違いについてまとめます。患者さんで自分で診断してくる方が多くて、よく聞くと違うのではと思いながら働かせていただいてます。

似ているようでちょっと違うものを難しく、できるだけ簡単できるまとめるようにします!!
そしたら腰の痛みは治らないが、どういう病気が理解することも患者さんとしての役割なのでがんばって理解できるようにいってみましょう!!

脊柱管狭窄症

狭窄症ってのは腰のことをいうなら正式な病名でいうと腰部脊柱管狭窄症と言います。腰の脊柱管の狭窄(狭く窄まって)いるということ。

脊柱管ってのが脊椎(背骨)の後ろで硬膜(神経の通る道)が通るとところで、椎間板の膨隆、椎間関節、黄色靭帯の肥厚などにより脊柱管が狭くなり、神経が圧迫されて症状が出現します。
すべり症や側湾症をともなうことがあります。すべり症ってのは脊椎のブロックがずれている状態で、側湾症は横に背骨が曲がっている状態。
加齢性変化により生じるため、高齢者に多い疾患です。

症状

立ったり歩行したりしていると脚や足先がしびれて歩けなくなる、間欠性跛行がもっとも特徴的な症状です。しびれや痛みが出て歩きづらくなった際に、すこし前かがみになったり、腰かけて休憩したりすると、しびれや痛みは軽減されます。座った状態や安静にしているときには症状はなく、腰痛も少なく、脚の症状だけのことが多いです。脊柱管狭窄症が強く症状がなると、歩行時に陰部や肛門周囲がほてったり、尿の出が悪くなったり、逆に尿が漏れたりします。

診断

レントゲンでは骨の変形は確認できますが、神経の圧迫は分かりません。MRIや脊髄造影などの検査で脊柱管狭窄による神経の圧迫があれば確定診断できます。間欠性跛行は脚の血行が悪くなる閉塞性動脈硬化症でも起こるので、原因を正確に調べることが必要です。

治療

保存的治療は、コルセットや神経ブロック、痛み止めや血行をよくする薬による薬物療法があり、症状が改善することもあります。しかし、症状が改善しても脊柱管が物理的に広がることはありません。
日常生活に支障が出てくる場合には神経の圧迫を取り除く手術を行うこともあります。

椎間板ヘルニア

椎間板とは椎体と椎体の間にある軟骨のことで、クッションの役目をしています。ヘルニアとは脱出・突出という意味であり、椎間板が加齢などにより変性してクッションの一部が飛び出した状態を椎間板ヘルニアと言います。

症状

椎間板ヘルニアでは、椎間板が脊柱管の中を通っている神経が圧迫されると、おしりや脚に痛みやしびれが出ます。最初に腰痛が出現して、徐々に脚の症状へ進行することが多く、悪化すると麻痺が生じて足に力が入りにくくなります。立った状態よりも座った状態や前傾姿勢で椎間板内圧が上昇しするため、座ったり、中腰や前かがみがつらく、重たいものを持つと腰痛や脚の痛みが強くなることがあります。

診断

膝を伸ばしたまま脚を挙上させるSLRテストや、脚の知覚障害、足の筋力低下などで診断します。画像検査ではMRIで確定診断できます。MRIで椎間板が突出していても、神経を圧迫していなければ脚症状がないこともあります。また椎間板ヘルニアがあっても、症状がなければ多くの場合は問題ありません。

治療

保存治療で治ることが多い疾患です。狭窄症と同様にコルセット、神経ブロック、薬物療法で痛みを和らげます。これらの方法で1か月程度の保存治療を行っても痛みの改善せず日常生活に支障がある場合や、脚の筋力低下など麻痺が進行したり、排尿障害が出現したりするときには手術を行います。最近では内視鏡で椎間板切除を行う低侵襲も普及してきています。簡単にいうと簡単に手術できるということです。

坐骨神経痛

坐骨神経痛ってのは症状のことをいいます。腰椎椎間板ヘルニアや腰部脊柱管狭窄症などの症状としての名前です。坐骨神経痛を起こすほかの疾患としては、梨状筋症候群、脊椎・脊髄・骨盤内の腫瘍などがあります。実際には坐骨神経痛は診察や画像検査で原因を特定できることが多く、検査をしても原因が分からない場合に、症状名として坐骨神経痛を診断することがあります。

まとめ

腰の病気の名前の違いは少し理解していただけましたでしょうか。簡単にに言うと脊柱管狭窄症>腰椎椎間板ヘルニアの感じで重たい病気です。で坐骨神経痛ってのは病気ではなくて症状の名前です。

今回はよく聞く腰の病気の名前についてまとめました。両方の病気も症状が強くなると麻痺を起こすことがあるので、早期発見が重要になります。麻痺が起きると手術しても治りも遅くなるので気になる症状がある場合は早めに病院受診を。若い人も重労働をしている方は椎間板への負担が大きくてヘルニアになることが多いので注意です。

整形外科の疾患は亡くなることが少ないから甘く見られますが、日常生活に支障ある状態で生活をしないといけない人生になります。体が最大の資本なので大切にしましょう。
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました