ご利用は考えて計画的に

自己啓発

仕事中忙しくなりすぎてパニックになったことはないですか?

これもしないといけない。あれもしないといけない。なんでもしないといけない状態。

そんな中あの人だけは余裕をかましながら平然とスムーズに仕事をこなしている。自分とその人になにが違いがあるのか。できが違って才能があるって考える人がいると思います。

まぁ、それもあるかもしれない。腕が長いとすぐにものが取れたり、歩く速さが違ったりとか。根本的に違うのは考え方だと私は思います。

素早く論理的な思考ができれば、必要な行動のために多くの時間を使うことができます。きちんと考えて計画を立てておけば、本当に必要なことを効率的に成果をあげれることができます。計画的な思考ができる人は、最小の努力で最大の結果を出すことができます。

そんなの才能がある人のことだと思ったらおしまいです。諦めたら試合終了ですよ。
コツを知り、訓練すればだれでも身に着けると思います。

ぜひともコツを少しでもつかめれたら仕事の効率は昨日よりよくなると思います。
よりよい計画を立てれるようにいってみましょう!!

計画的な思考ができる

まず最初の1歩としては、精神論です。
あなたは生まれつき、水の中を泳げましたか?字を上手に書けましたか?できませんでしたよね。計画的にできる人も最初はみな同じと考えましょう。練習することでスキル獲得ができていくのが人間です。できる人は簡単にできて、できない人はどうしてもできないと思ってませんか?「そういう性格だから」とか「自分には向いてない」とか言っている人はそれは単になにもしていないだけ。簡単に言うとサボっているだけなんです。

今までの経験で計画性のある人のほうが全般的に成功していると気が付いているのではないでしょうか。

あなたも計画的に仕事をしたい、余裕のある生き方をしたいのであれば、自分もきちんとした人間になれると信じ、そしてきちんとしているほうが幸せになれると信じることが大切です

リストを作ろう

簡単にいうとリストを作るんです。リストなんて作っている暇があったら仕事しているよ。って思いませんか?

計画を立てるための思考に必要な能力と、実際に行動するときに必要な能力は別物です。思考モードと行動モードです。

思考モード
計画や手順の確認を行うときは記憶力があり、必要な作業を効率的に仕分けですることもできます。

行動モード
余計なことを考えずに目の前の行動だけに集中できます。集中することで効率が上がって失敗も少なくなります。

2つのモードを一緒にしたらいいと思っているのは今のあなたです。できる人はこれらを別々に考えてます。
例えば、買い物に行きます。でかける前に必要なものリストを作成し買い物へ行くのと、作成せずに買い物へ行くのとではどちらが早く帰ってくると思いますか?リストがあると必要なものを忘れることなく、必要なものを手に取り不必要なものを見る必要なことがないからです。

リストを作るのが面倒であれば、細かくリストを作ったらいいです。旅行に行くためのリストを作るとなると、とても長くなってしまいます。そこで区分化しましょう。買い物リスト、荷物リスト、行動リストなどとリストを細かくするとで簡単な思考モードで行うことができます。

メモをするな

なにを言っているんだこいつと思いますよね。まぁ聞いてくれ。

頭の中で「あれもしないといけない」「これもしないといけない」などと考えて、目の前にある問題に使うための思考のスペースに余力ないと効率的に行動するのは難しい。今しなくてもいいことを頭の中で考えても仕方がないものはメモして頭の中から排除するのです。

メモしろって言ってるやん。ってなるけど、大切なことは「メモすること」ではないのです。大切なことは頭の中で起こっていることを整理することなのです。整理というとメモして忘れてもいいような状態にすること。そして、整理され、思考の余力が十分な状態で今の問題に集中することです。

そのために大切なのはやるべきことはすべてメモする。メモして頭の中をすっきりさせましょう。

締め切りは味方か?敵か?

締め切りがあるとストレスになるかもしれないが、締め切りがないとしないでズルズルとなってしまう。ここで大切なのは締め切りは味方と考えよう。
締め切りは強制するだけが意味しているわけではない。やる気を出す役割もある。締め切りがあることでしないといけないと考えて、集中力が高まる。また締め切りを守ることで周りからの評価もついでに上がる。

計画立てて締め切りに間に合うようにしていても、締め切りの前には日常生活がある程度犠牲になる。友達や同僚からの遊びの誘いや仕事の依頼などになんでもするという考えでは、締め切り直前になって断る可能性もでてくる。締め切りの直前はなにも予定を入れないようにしましょう。自分がなんでもできると思わないようにしましょう。

判断するための時間を最短に

人生には重大な判断をしないといけないときがある。なおかつ、小さな判断もある。時間は有限なため考える時間は短いほうがいいのは当たり前。だからと言って、一大決心するときもパッと決めるわけにはいけないのが人生。
そのため、時間をかけて絶対的に正しい判断をするより、貴重な時間を節約してなにかに決めてしまうほうがずっといい
「職場をどこにするか」と「洗剤のメーカーどこにするか」どちらが重要か分かるだろう。洗剤メーカーなど候補があったらどちらを選んでも正しいはず。こういうものに時間をかけるのはもったいない。

あなたが無駄に時間かけている判断は、普段から無意識のうちに時間をかけている判断だからです。忙しくないときならそれでいいかもしれないが、仕事中は有効に時間を使うべきである。

まとめ

計画的にできる人の行動の仕方を少しわかっていただけただろうか。できる人は頭の中がすっきりしていると思いませんか。悩みこまないようにしていくことも大切です。うまくいかなかったら落ち込んでいたら先に進めません。なにをどのように考えるかはひとそれぞれではあるけど、マネすることも大切。この人だからできるから自分にはできないってのはナシにしましょう。この人ができるから自分にもできる精神で。
最初からできる人はまずいません。スピードは人それぞれだからまずはマネしましょう。その人にどんな考えをしているか聞いてもいいですね、

訓練して余裕な生活を送りましょう。最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました