【刮目】ドルコスト平均法にデメリットや欠点はあるのか?投資の基本!

投資情報

投資を始めるときに必ず聞くワード
ドルコスト平均法

ドルコスト平均法についてこんな言葉聞きません?
「大丈夫!僕、最強だから!」

なんの話?ってなったらすみません。そういう時代なので。

最初説明を聞くといい投資方法だと思ってしまうのは当たり前!
だっていいところしか言ってないもん。

今回は注意するべきドルコスト平均法のデメリットや欠点についてまとめました!!
悪いところを知らずにドルコスト平均法を使っていたら利益が、、、上がらないかも。

実際を知ることで投資の知識を深めて、利益を上げていこうではないか!!
今からはマジメにします。

ドルコスト平均法とは

ドルコスト平均法とは定期的に一定額ずつ購入する方法です。
一定額ずつ購入することで
価格が高いときは少しの株数を
価格が低いときは多くの株数を購入することになります。
この方法だと1単位あたりの購入単価を平均化し、投資のリスクを分散します。

具体的に
購入単価が2000円を5万円分1回に投資場合と
1万円づつ5回に分けて投資した場合を比較しましょう。

1回目2回目3回目4回目5回目
購入単価2000円1000円500円1000円2500円
購入株数5株10株20株10株4株

このように購入すると平均購入単価が1020円になります!
なんということでしょう!
ドルコスト平均法で購入していたら株の単価は上がっているのに平均購入単価が安くなってます!
利益も1回の投資より5回に分けたほうがあります!

これを見るとめっちゃいいやんと思うかもしれません。
しかし注意しないとドルコスト平均法の悪い面がでてくるかも。

ドルコスト平均法のデメリット・欠点あり?

最高の投資法としてドルコスト平均法が知られるのに意外な欠点がある。

デメリット・欠点を知ることでいい投資方法が見つかるでしょう!

効率的な資金運用ができない

ドルコスト平均法での投資は、十分な運用資金がある場合には機会損失につながることがあります。
上昇トレンドでいる場合はドルコスト平均法だと平均購入単価がどんどん上がっていきます。
その間、投資していない、働いていない資金がもったいないという考えです!

でも株価が下がったり上がったりしたらドルコスト平均法が良いじゃんと思うかも。
人は皆、株価が上がると思って投資するもの!
基準価額が大幅に下落することはあり得るが、それは結果論!!
意思決定の正しい評価法ではないです。

短期的投資では儲からない

ドルコスト平均法では短期的投資では儲かりません!!
当たり前なことでしょう。
少額を地道に積み上げていくわけなので長期的に考えるもの!

投資先にもよりますが、コツコツ積み立てて、年利3〜5%目指すような投資!!

短期的な儲けを目指す人には向いてませんので注意。

購入手数料が高くなる

株を買うときにかかるときには費用がかかります
毎回費用を払うことはもったいない。

ちなみにSBI証券や楽天紹介の手数料はこんな感じ。

約定代金取引手数料(税込)
5万円まで55円(税込)
10万円まで99円(税込)
20万円まで115円(税込)
50万円まで275円(税込)
100万円まで535円(税込)
150万円まで640円(税込)
3,000万円まで1,013円(税込)
3,000万円超1,070円(税込)

一年月1万円づつ投資していくと660円の手数料に
12万円1回に投資すると115円と500円くらいの差に!!

例が少額だからこの良さが分かりにくいかもしれないけど、この大切さがわかる人は立派!!

下降トレンドの投資先には意味なし

下降トレンドだとドルコスト平均法は損失を膨らませるだけです!

下降トレンドで投資続けていると相場が回復しない限り、どんどん損失が大きくなっていきます。
このような状態でドルコスト平均法を使ったところで、損失の確定を先送りにしているだけなんです。

具体的にいきましょう。

1回目2回目3回目4回目5回目
購入単価2000円1000円500円1000円500円
購入株数5株10株20株10株20株

損失が膨れ上がっているのが分かっていただけるだろうか。
このまま下降していたら、、、怖い。

ドルコスト平均法を使う前に上昇か下降かのトレンドを見極めることが大切です!

購入に手間がかかる

毎回購入手続きをするのは面倒

面倒になったり、忘れたりして、しなくなるかもしれない。

以上
これら5点が最高と思っていたドルコスト平均法のデメリットになります!
それなのに最高と言われるのは不思議ですよね?
なぜなら打開策があるからです!!

打開策はあるのか?

打開策はある!!!
証券業者もバカじゃない。
利用者を獲得するために良い感じでドルコスト平均法を使えるようにしています。

まずは積み立てNISA
毎月コツコツ投資
基本手数料無料(ノーロード)
上昇トレンドの信託が多い
20年という長期投資
定期買い付け機能あり

これは本当にドルコスト平均法のための投資だと考えられます!

次にSBI証券の米国ETF定期買い付け機能
定期買い付けだし、米国は基本上昇トレンド、手数料あるけどその分の利益が高い!

まだまだあるよ!ネオモバにも定期買い付けあり
日本株を1株から購入できて、独自のETFを組むことにより上昇トレンドを作り上げる!
購入手数料は50万円以内なら実質タダ!
もっと詳しくネオモバについて知りたいなら次のリンクへGO!
【初心者必見】ネオモバは儲かる?狙いのおすすめ高配当株紹介!

これらの機能をうまく使うことでドルコスト平均法が活きていきます!

最後に

マジメに解説できてたかな。

どうでしたか?
ドルコスト平均法のデメリットや欠点をわかってもらえたかな。
最高の投資法もうまく活用しないとマイナスになってしまいます!
欲をかかず、地道にやるのがドルコスト平均法

ドルコスト平均法について理解したらさらに投資への考えが深まり、利益が上がるようになるでしょう!
一番いいと判断できるのは積み立てNISAということで落ち着くのかも知れません。

慣れてきたら投資を勉強して、ETFや個別株にチャレンジしていいでしょう!!

ランキングに参加しています!バナーをポチってして頂けると、泣いて喜びます!!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました