【効果実際】りんごは健康にいいの?知らない栄養!いっぺん焼いてみる?

健康・医療

よく食べる果物ランキングトップ10に入っているもの
そうリンゴ!(私調べ)

そして、果物に求めるもの、それは美味しさ

しかし、私は看護師!人々の健康を望みます!
美味しいものが健康的だといいですよね。
果物って意外と健康的な栄養素が隠れていて、それを知るとさらに好きになるでしょう!

普段何気に食べていてそれが健康によかったら。。。
効果を知らないで食べるのと効果を知って食べるのとでは違います!
プラセボ効果を狙っているところもあるんですが。

嫌い人はほとんどいないリンゴ
正直、ビタミンとかミネラルとかなんて期待はちょっとなリンゴ
しかし、隠れた才能があるリンゴ
今回はりんごちゃんについてまとめさせていただきました!

りんごの栄養

りんごの栄養で有名どころはあまり聞かないんじゃないですか?
タンパク質やビタミン、ミネラルがとても高いという食べ物ではないのは確かです!

しかし、テーマにするということなにかあるというのも確か!

ペクチン
一発目なんですか?この栄養素
ペクチンってのは食物繊維の一種です。
ペクチンはよく果物にも含まれているんですが、特にりんごに多く含まれているんですよ!

ペクチンは腸の有害物質を排泄する働きがあり、腸の調子を整える効能があります。

りんごポリフェノール
りんごにはさまざまなポリフェノールが含まれています。
それらはまとめて「りんごポリフェノール」と呼ばれています。

りんごポリフェノールの中でもその6割を占めるのがプロシアニジン。
プロシアニジンは、強い抗酸化物質であり、活性酸素の生成を抑えてくれます

リンゴ酸
リンゴ酸の名前の由来はりんごから発見されたことからです。
ちょっと豆知識

リンゴ酸には疲労の原因となる乳酸を分解するは働きがあります。

リンゴ酸の働きはまだありますよ。
鉄を吸収しやすくするので貧血を予防する効果があります。
貧血に悩んでいる人は、リンゴ酸を摂取してみては!

りんごの主な効果

りんごの効果で考えられる成分はだいたい
ペクチンとリンゴポリフェノール
この2つがどういう効果を与えてくれるだろうかね。

整腸効果
ペクチンは善玉菌を増やして、悪玉菌の増殖を抑制する働きです。
なにを意味するからというと腸内の環境を整えてくれます。
下痢や便秘の予防に期待あり。
下痢や便秘などに悩んでいる人は、ペクチンを摂取すべし!

生活習慣病・ガンの予防
リンゴポリフェノールの一種のプロシアニジンがすごい効果を発揮するんです。

プロシアニジンには強い抗酸化物質があることを伝えましたよね。
抗酸化物質には生活習慣病の原因としてあげられる活性酸素を取り除く働きが期待できるんです。
体内で活性酸素の量が多くなると過酸化脂質が生成され、動脈硬化や老化防止、ガンなどの生活習慣病を予防してくれるんです。

あと、ペクチンも生活習慣病の予防へのお助けをしてくれます。
血糖値を下げる効果やコレステロール値を下げる効果が期待できます。

女性に嬉しい効果
リンゴポリフェノールの一種のプロシアニジンがすごい効果を発揮するんです。
2回目(笑)

プロシアニジンは皮膚の細胞が酸化するのも抑えて、メラニン色素を過剰な生成を防ぐ成分でもあるんです。
紫外線などにより、肌にメラニン色素が蓄積していくと、シミやそばかすの原因に!
シミやそばかすの予防になり、美肌や美白の効果が期待できます!

まだあります。
食事で摂取した脂肪分の吸収を抑えて排出させる効果とか肝臓にある脂肪を合成する酵素を抑制して、脂肪を燃焼させる酵素を活性化させる働きがあります。
いわゆるダイエットサポート効果があるんです!

りんごの健康的な食べ方

りんごに健康的な側面を求めるならこの方法で食べろ!!
まさかあんな食べ方がいいのかと思うかも知れない。

皮ごと食べる

皮ごと食べるってのは有名ですよね。
皮に栄養がたくさんあるのは有名かな。

どんな栄養があるかというと
食物繊維のペクチンは皮に多く含まれています!
整腸作用を求める人は皮ごと食べたほうが効果が高まるということです!!

皮ごと食べるの苦手ならいい方法があります!
ウサギさんの形の皮剥きする。
ミキサーで皮ごとやっちゃう。

数回に分けて食べる

りんごのポリフェノールの主な成分のプロシアニジンは強い抗酸化物質なんですが、
体内での持続力はあまりありません!!

一度にたくさん食べるよりも、数回にわけてこまめに食べたほうがいいです!

温めて食べる

これは意外ですよね。
焼いて食べる。普段しない。
りんごには加熱すると栄養素の効果が高まるやつがいるんです!

りんごを100度以上の高温で加熱すると
ペクチンの効果が6~9倍
りんごポリフェノールの抗酸化作用が8~9倍
へ進化するのです!!

美肌やアンチエイジングを求めるときは、アップルパイや焼きりんごにしたりジャムしたりして食べると効果的!

最後に

今回はリンゴの栄養や効果についてでした。
正直、栄養素の名前が意味不明でしたよね。
ペクチン、リンゴポリフェノール、リンゴ酸
3つのうち2つがリンゴってついている謎!

名前なんてどうでもいいんですよ!
効果に便秘や生活習慣病予防、美容効果などなどあるとは思ってなかったでしょう。

そして、最後に食べ方がなんと焼くという方法が健康的にいいという事実!!
知っていましたか?
ひと手間加えて美味しくなり、健康にもよくなるという最高な果物!

明日、スーパーにリンゴ買いに行きましょう!!

ランキングに参加しています!バナーをポチってして頂けると、泣いて喜びます!!
ブログランキング・にほんブログ村へ

コメント

タイトルとURLをコピーしました