5月に購入してよかったもの

雑記

5月が終わります。今月は私の人生を変えるような1か月でした。なんたって今月からこのブログを開始させていただいたのですから。そんな中購入してよかったものを紹介していきたいと思います。

それではいつも前置きが長いのですぐにいってみよう!!

第3位 トヨタ式「すぐにやる人」になれる8つのすごい!仕事術

この本はトヨタの仕事の仕方をまとめられた一冊となっています。「トヨタ式」に関しての書籍は多くありあすが、これはコンパクトにまとめられて、この一冊だけで十分理解しやすい本になっていると思います。他の「トヨタ式」の本を読んでないのでわからないですが。

トヨタ式の基本として「まずやってみて、問題があれば改善する」というのがあります。その考えと行動の仕方を簡単にまとめられて、2ページで1つの項目を図ともに書かれてあるのですぐに理解しやすくなっています。

働き方に関してなにか悩んでいることがあったり、どのように仕事をこなしていくか悩んだり、仕事がうまくいかなったりする方におススメです。

読んでどうなったか。私生活ではブログを開始しました。現状の生活では金銭的限界があり、少しでもプラスαの収入の見込みがあると考えられのであれば、チャレンジしていいのではと。失敗したときのことも考えてのリスクも考慮してブログがいいのかなと。リベ大の両学長はせどりやプログラミングと言ったことも勧めてはありますが、両方とも時間とお金がかかるのため、余裕があることからすぐにできることを始めました。

仕事でも今まではできる人がしたほうが仕事はスムーズに進むということを言い訳にできないことはできる人にしてもらうような形をとってました。それは現在の話で将来のことを考えるとできることが増えることで将来の仕事の効率があがることを考え、自分から行動するようになりました。

この本の値段も安く800円くらいで手が出しやすいのでお試しで手に取ってもいいかも知れません。

第2位 嫌われる勇気

これは知っている人は知っている1冊。アドラー心理学について述べられている自己啓発の最高の1冊。発売されてもう数年経ってやっと手に入れました。今までは今の人生のままでいいやと思っていましたが、リベ大の両学長との出会いによって、自分の生活の在り方を考え直す機会があり、本を読むようになり気になっていたこの本を手に取りました。会話形式で小説かのように読みやすいです。


最初は今までの自分の考え方とアドラー心理学の考え方の差に頭が痛くなるほど難しく感じることもありましたが、読み進めるうちにアドラー心理学の神髄に気づき、ついていけるようになりました。
アドラー心理学とは、ほとんどの人が原因論で物事を考えると思います。たとえば、時間がないから読書ができない(原因論)とします。これは読書をしたくないから時間がないという言い訳をしているだけなのです。これを目的論と言います。パッと読んで意味分からないでしょ?それが普通だと思います。この目的論を学ぶことで自分の在り方を再認識できるようになります。

この本を読んでどうなったか。物事を変えられることができるのは「自分」だけということにが分かり、なおかつ、自分しか「自分」を変えられないので今をどのように生きるかが大切に思えるようになりました。他人になにかしてもらって自分がなにか変わるということは考えらなくなりました。なに言っているんだってなりますよね。この本を読んだらわかります。どうなったかも説明しにくいので申し訳ありません。

なにか悩みがある方、なにか本を読みたいという方、てか全員に読んでほしい一冊です。

続編の「幸せになる勇気」というのもありますので現在注文中なので6月には記事にできるようにします。

第1位 コノハウィング レンタルサーバー

これはブログを開始するために必要なやつ。私の人生を変えるかもしれない最高のアイテムだと考えて1位になりました。

ブログを開始したいという方は多分これに行きつくでしょう。詳しいことは言えません(あまり分かってないので)が、これを購入してよかったと言えるようにブログをがんばります。

まとめ

基本ミニマリストで物欲もなく、これがほしい、あれがほしいということがないので買ってよかったものがあまりないかも知れませんが、今回の3点は今後の私の人生を左右するアイテムになると考えています。それくらいいいアイテムでした。
今後も月に1回買ってよかったものを紹介するようにしていきたいのでよろしくお願いします。今回も最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました